読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら

四年も過ごした土地を離れるのは少し寂しい


この街には十分すぎるくらい色んな景色に色んな思い出が宿ってる

でも離れれば、それは引き出しの奥にしまったままになってしまって、気がついた頃には失くしてしまいそうな気もして、寂しい



わたしはいつでも自分の感情に素直に生きたい

言葉にしたて伝える勇気は備わってないけど、自分は自分の理解者であろうとすれば何も怖くない。



いつまでも手に届かない一等星を追い続けていきたい。今の自分の周りの誰かをずっと大切にしていきたい。



誰かのために頑張れるようになったのは東京のおかげです、さよなら!いつまでも大好きです!