🐶

絵文字もタイトルにできることを知り、積極的に使っていきます!


東京で宇宙一好きなバンド?HASAMI  groupのライブを観てきたのだけど、素直に、テンションが上がって、笑って、ノリノリになって、泣いてしまったり、最後は笑ったりしてほんとに最高でした。


すごく狭い場所だったしステージの段差はないので途切れ途切れしか見えなかったのだけども。


よくわからないのだけど気分はどんどん高くなっていって、「君の街は」のイントロが流れた途端めちゃくちゃ泣けてきて、意味がわからなかった。ベースラインがやばくて、泣くでしょって感じだった…。


最後の夢の泡立ちの手手手手手チャレンジも素晴らしかったな。



その後にDJ見てたら、みらんちゃん!僕わかる?と声をかけられて1秒でタカオさんだって思い出せた。

タカオさんは、わたしが高校生の頃に園子温監督のイベント準備で知り合って、園子温が好きな映画の人たちの集まりで何度か飲んだりした仲だった。

そのあと、大学生になった頃に、集まりの1人が映画を撮ることになり、一緒に高校生の役をやって廊下を走り回ったりしたのだけど、それ以来連絡は取っていなくて5年ぶり?くらいに話したのだが、すぐにわかった。


知り合ったころに、朝までみんなで好きな映画や音楽の話をして(しかもわたしは制服だったな)、HASAMI groupを教えた。その後頻繁に聞くようになったみたいで、今回観に来たらしい。(そもそもこのイベントの別の回に何度か出演してるらしいので観にいきたいな)


流石に何年も会ってなかったので、いままでの話とか共通の知人の話とかできて楽しかった。


お水をがぶ飲みしたくてライブハウスを出て、散歩の達人を買いにTSUTAYAに行った。そこで好きな人と会って少し話をして、ホッとした。なんでしょうあの変な感じ。


このまま1人で帰るのもなぁと思ってのりおちゃんに連絡したら数分で駆けつけてくれて、一緒に鳥貴族でビールを3杯ずつ飲んだ。


転職の話と、みさかさんとわたしの笹塚の家が徒歩3分くらいしか離れてない話と、いろんな話をして、気分良くなって歩いて家に帰った。



ツイッターや自分の撮った動画を眺めてたら、また胸がいっぱいになり、あの空間にいられたことが本当に嬉しくなった。


あ、今日のこういういろいろな気持ちを忘れたくないなあと思って、日記を書こうと思ったんだけど、うまく文章にできない。うまく文章にできない気持ちというのは、最強だ。